色 々 あ る 雇 用 形 態
 アルバイトとは

会社員ではない人が、お金を稼ぎたい時に最も有効な手段はアルバイトです。アルバイトは
法的には、パートタイム労働法によって「1週間の所定労働時間が同じ事業所の通常の
労働者(正社員)よりも短いもの、又はその事業所の一般労働者と1日の所定労働時間が
同じでも1週の所定労働日数が少ない者」と定められています。
アルバイトの特徴としては、学業や本職などを抱えた方が副業的にといったような具合に
本業がメインにあってそれとは別に副業としてやるといった形が多いです。

短期アルバイトとは
アルバイトの他に、働き方として短期アルバイトというものもあります。短期アルバイトは
基本的には、通常のアルバイトと同じですが、特徴としてその会社が特に仕事が忙しい時期
短期のプロジェクト・イベントが行われるときに、短期で働いてくれるアルバイトを募集します。

この他に、登録制アルバイトがあり、派遣会社に登録して短期のお仕事を紹介してもら
うシステムです。企業は、短期の仕事が発生すると、派遣会社に連絡し、派遣会社は、登録
しているアルバイトの中から適している人を企業に派遣します。会社に直接勤めることと
比べると登録していることで、色々な会社の様々な職種の仕事が出来ることが特徴です。

このように様々な働き方がある中で、各特長を理解し、自分のライフスタイルに合った
仕事を選びましょう!

アルバイトの固定給とは

1.時給
1時間の勤務に対して○○円というように、時間を単位として給与額が決定し
勤務時間や勤務時間帯に変動がある場合に多く見られます。

2.日給
1日の勤務に対して○○円というように、日を単位として給与額が決定し
1日あたりの勤務時間が固定されている場合に多く見られます。

3.週給
1週間の勤務に対して○○円というように、週を単位として給与額が決定します。

4.月給
1ヶ月の勤務に対して○○円というように、月を単位として給与額が決定し
1ヶ月あたりの勤務時間が固定されている契約社員や正社員に多く見られます。

5.年俸制
1年間の勤務に対して○○円というように、年を単位として給与額が決定されます。

6.その他の固定給制
1回の勤務に対して○○円というように、勤務を単位として給与額が決定し
塾講師、家庭教師、インストラクター等に多く見られます。



アルバイトでも加入出来る保険

アルバイトとは言ってもなにかトラブルに巻き込まれたときのために保険に加入して
おくことはとても重要です。下記に記載しますので、働く際には確認して下さい。

■労働者災害補償保険
仕事中や通勤時の負傷・疾病・障害・死亡に対しての保障を行う制度。原則適用事業
に雇用される労働者はアルバイト等関係なく全員が加入することとなっています。

■雇用保険
労働者が失業した場合などに、生活の安定を目的とした給付等が行われる制度。
アルバイなどの短時間就労者についても、以下の2つの条件に該当する場合、雇用保険
に加入することができますので、事業主に確認して下さい。

・1年以上引き続き雇用されることが見込まれていること
・1週間の所定労働時間が20時間以上であること

※この条件に該当しても、学生は加入することはできません!

■健康保険
仕事以外での負傷・疾病に関する保障を行う制度。アルバイトやパートの場合
所定労働時間や勤務日数が通常の労働者の4分の3以上であれば、健康保険に加入
することができます。

■厚生年金保険
労働者の老齢・障害・死亡について年金給付等を行うことによって生活の安定を図る制度。
アルバイトやパートの場合、所定労働時間や勤務日数が通常の労働者の4分の3以上で
あれば、厚生年金保険に加入することができます。

休みを取得する
■休憩
休憩は1日の労働時間が6時間を超えるときは45分以上、8時間を超えるときは1時間以上
の休憩を労働時間の途中にとることができます。

■休日
休日は毎週少なくとも1日、または4週を通じて4日以上与えなければならないと
法律で定められています。

■有給休暇
有給休暇とは、雇用された日から6ヶ月継続勤務し、所定労働日の8割以上出勤した場合
原則として10日の有給休暇を取得することができる制度です。アルバイトやパートで
勤務する方にも条件に応じて適用がありますので、事業主に聞いてみましょう。

check

レディース水着はこちら

2017/7/27 更新

 





雇用関係

雇用について

正社員とは

契約社員とは

アルバイトとは

退職するには




Copyright 2008 色々ある雇用形態 All rights reserved.